陶芸くらぶ つぼ万グループ
もの言わぬ語り部 焼きしめ陶の世界


 つぼ万 TOP 備前焼ギャラリー 伊賀焼ギャラリー つぼ万ネットショップ 御器所窯 陶芸教室 陶芸くらぶ イベント情報 つれづれ日記 リンク集

 

備 前 焼 ・ 伊 賀 焼 ギ ャ ラ リ ー  「つ ぼ 万」 へ よ う こ そ


 備前焼 伊賀焼 通販 つぼ万 陶芸くらぶ 谷本光生 金重陶陽 藤原啓 山本陶秀 藤原雄 伊勢崎淳 伊勢崎満 岩本修一 岩本哲也 各見政峯 松井與之 森陶岳 山本雄一 吉本正 三村陶景 西村春湖 大饗仁堂 小西陶古 石井不老 松田華山 伊勢崎陽山 鈴木黄哉 金重素山 藤原楽山 藤田龍峰 中村六郎 浦上善次 藤原建 金重道明 正宗杜康 安倍安人 伊勢崎卓 伊勢崎紳 金重晃介 金重巖 金重剛 金重潤平 末田恵 高力芳照 中村真 原田拾六 藤原和 森一洋 森千晃 森本良信 山本竜一 和仁栄幸 陶芸教室 備前 伊賀 ギャラリー 有名作家 無形文化財 人間国宝 愛知 名古屋 昭和区 広見町 
藤原 雄作      金重道明作     谷本光生  

陶 芸 を 中 心 に 伝 統 文 化 に 関 す る 情 報 を 発 信 す る も の で す
そ れ ぞ れ の 情 報 を 表 示 す る に は 上 の ボ タ ン を 「ク  リ ッ ク」 し て く だ さ い


i一旦閉じたギャラリーを、再開したのは、昭和63年5月

準備期間を経て軌道に乗り始めて迎えた64年

昭和天皇の崩御により、平成と改元。

1人で始めた店は平成30年と共に歩んできた。

今日1日、退位の儀式に伴い

天皇陛下・皇后陛下の歩みの歴史を

テレビで見ながら、つくずく思ったことは

わたしにとって平成は、多くの先生方(陶芸作家)との

別れの30年であった。

令和は、どんな歴史を刻むのか・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・定休日・・

日曜日・祝日

                ( ご連絡いただければ調整させていただきます )                  

 ・・・出講で留守になる日・・・

第1・第3 月曜日     第2・第4 水曜日 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログ  2019年     4月   30日  更新しました
イベント情報  2019年     5月    21日  更新しました
商品情報   2019年     4月   30日  更新しました
その他のニュース 備前焼 ・ 伊賀焼ネットショップ 公開
リンク集を追加しました
 
【1日親子陶芸のご案内】
毎月 第1日曜日の午前・午後に開講しています
詳細は陶芸教室のページをご覧ください

【お楽しみ 3ヶ月陶芸コース】 月2回
 木曜日 2時〜4時

プレゼントカード (陶芸体験カード) を発行しています

おすすめサイト (1)八須ナンシー(2)美しき日本の残像アレックス・カー                                                                                        

備前焼 伊賀焼 専門店 つぼ万


陶芸財団 正会員

備前焼 & 伊賀焼ギャラリー    
陶芸くらぶ つぼ万
愛知県名古屋市昭和区広見町3−30 (地図を表示)
TEL/FAX 052-851-5158
E-Mailinfo@tuboman.com

どうぞ、お気軽にご連絡ください

つぼ万グループバナー 備前焼 伊賀焼 通販 つぼ万 陶芸くらぶ 谷本光生 金重陶陽 藤原啓 山本陶秀 藤原雄 伊勢崎淳 伊勢崎満 岩本修一 岩本哲也 各見政峯 松井與之 森陶岳 山本雄一 吉本正 三村陶景 西村春湖 大饗仁堂 小西陶古 石井不老 松田華山 伊勢崎陽山 鈴木黄哉 金重素山 藤原楽山 藤田龍峰 中村六郎 浦上善次 藤原建 金重道明 正宗杜康 安倍安人 伊勢崎卓 伊勢崎紳 金重晃介 金重巖 金重剛 金重潤平 末田恵 高力芳照 中村真 原田拾六 藤原和 森一洋 森千晃 森本良信 山本竜一 和仁栄幸 陶芸教室 備前 伊賀 ギャラリー 有名作家 無形文化財 人間国宝 愛知 名古屋 昭和区 広見町 

このホームページに記載・掲載されている文章・写真等について、無断で転載することを禁じます。
なお、当サイトはリンクフリーです。交流を図る意味でも上記アドレスまでメールをいただけると幸いです
を使用していただければ幸いです)                                


Copyright © 1997-2013 陶芸くらぶ つぼ万グループ

サイトマップ