伊賀焼ギャラリー
つぼ万 TOP 備前焼ギャラリー 伊賀焼ギャラリー つぼ万ネットショップ 御器所窯 陶芸教室 陶芸くらぶ イベント情報 つれづれ日記 リンク集

 

     
     
     

 

 

 

      

 

 伊賀焼ネットショップへは下記作家名をクリックしてください

伊賀焼 取扱作家 (※順不同)

谷本 光生 谷本 景 谷本 洋 谷本 貴  歓嗣
新 学  藤岡 周平      

伊賀焼 谷本光生の陶房
空鉢山ふもとの谷本光生陶房

                                           令和 1  年
                                                                               
                                     ひな祭りも過ぎ、モクレンは白い花を開き始めました
                                     和菓子屋さんの店先も 春爛漫
                                     春の伊賀は思い出が沢山あります
                                     谷本先生の工房へ始めてお邪魔したのも 春でした
                                     ふきのとう  竹の子 セリ タラの芽
                                     お礼に草もちを作って持って行き
                                     先生のお抹茶茶碗でお茶をいただきながら
                                     お茶碗談義を伺いました
                                     伊賀焼の歴史 松尾芭蕉の話 作陶の話 伝統工芸の話
                                     先生は 四季と共に生きてくださっています 

                                     谷本 洋 還暦巡回展  広島三越百貨店     2/ 5〜2 /11
                                                     沖縄リウボウ百貨店  2/27〜 3/ 5
                                                     東京京王百貨店     3/14〜 3/20

                                     谷本 景 展        伊勢現代美術館     3/ 8〜 5/12
                                          古代から     アートスペース イガ   7/20〜 7/28             

平 成 2 9 年 

                           光生先生の陶房はすり鉢山の中腹にあり、四季折々の里山の風情を満喫できます。
                           先生亡きあとも山は自然の営みを繰り返し、今年も木々は命のしずくを蓄え、 冬を迎えるでしょう。                                                                                   先生が大阪へお茶会に出向かれ、御留守の日                                                                                                                自然を生かした前庭に色とりどりの落ち葉がたっぷりと積み上がっていく様に                                                                                              1日恍惚の時を過ごしたのが、昨日のことのように蘇ります。

 平 成 2 4 年

                           谷本光生先生は平成24年2月29日 96歳の天寿を全うされました。                                                                                                    「人の体はマクロ宇宙兆億の中のミクロの一点です。死んでからも位置が変わるだけで                                                                                         宇宙界に皆様と一緒にいることには、変わりありません                                                                                                             と、お別れを残されました。長い間 ありがとうございました                                                                                                         ご冥福をお祈りいたします。

                                            平 成 2 9 年

                           45年前、 伊賀焼の重鎮「谷本光生」先生と出会い、陶芸の世界に入り、ご指導を受けました                                                                                     先生は、伊賀焼の伝統を受け継ぐことを使命と考え、伊賀の歴史と風土から生まれた古い作陶精を                                                                                  踏まえながら その伝統を現代感覚でとらえ”谷本光生の伊賀焼”を生み出してゆく ことを念願、                                                                                    長い時をかけて、厳しい姿勢で「土 と炎」の生活に没頭されました。                                                                                                    創作活動は陶芸を中心に多岐にわたり 作陶・絵画・書・版画・コンピューターグラフィック                                                                                      ・古伊賀収集など最後まで旺盛な活動をされました                                                                                                               先生のご遺志は景さん・洋さん・貴さんが受け継がれ、お弟子さん共々、伊賀焼の発展に努力されています。

 

                                               *先生の長年にわたる伊賀焼き研究の集大成

                                            「伊賀の七不思議・伊賀焼」  谷本光生著作  誠文堂新光社出版

                                             伊賀焼の歴史に始まりその特徴、鑑賞のポイント、出土品から

                                             現代に至るカラー写真、(もちろん先生の作品も掲載されています)

                                             伊賀焼に対する先生の取り組み、思いも語られ、伊賀焼の世界を   

                                            堪能できますので、愛陶家のみなさまにお勧めいたします

                                               当ギャラリーに在庫ございます.

 

谷本光生の陶房の風景谷本光生の陶房の風景 

谷本先生自宅前庭と邸宅内

谷本光生 伊賀焼の抹茶茶碗
抹茶茶碗

谷本光生 伊賀焼の水指

 

(売約済み)

谷本光生 伊賀焼の花入
 

(売約済み)


令和1年 
    
 谷 本 景 ・ 谷 本 洋 ・ 谷 本 貴
     新 歓 嗣 ・ 新 学
            東海三県 陶芸家展  テレピアホール  9/14〜9/16
     谷本 景展 伊勢現代美術館      3/ 8〜 5/12
           古代から   あーとぎゃらりー伊賀  7/20〜7/28
     谷本 洋 還暦巡回展 
            広島三越百貨店       2/  5〜 2/11
            沖縄リうウボウ百貨店    2/27〜 3/ 5
            東京京王百貨店       3/14〜 3/20
            札幌三越百貨店       4/ 2〜 4/ 8
            名張センサートギャラリー 4/13〜 4/21
            伊賀丸柱長谷園       5/ 2〜 5/ 4
            名古屋古川美術館      5/11〜 5/12
            東京乃木坂しん       5/17〜 5/19 
            姫路山陽百貨店       6/ 5〜 6/11
            フランス スペイン     
            松山三越百貨店       9/10〜 9/16
            新潟三越百貨店      10/ 9〜10/14
            伊賀赤井家住宅茶会   10/25〜10/27
            大阪あべの近鉄百貨店  
            東京浅草とべとべくさギャラリー

平成30年
     谷本 洋陶展 破調と幽玄の美「守・破・離」 伊賀赤井家住宅  9/21〜9/24 
     谷本 景 陶展 「古代から
       京王百貨店新宿店 京王ギャラリー 6/21〜6/27
       伊賀三田窯 谷本 景 作陶展  まつびし  〜10/23
     谷本 洋 還暦巡回展
       一月   東京三越日本橋店   1/31〜2/6
       三月   三越高松店        3/24〜3/30
       三月 〜 八月  台湾       台北 3/9〜4/30  高雄 5/11〜6/30 台中7/6〜8/27
       五月   伊賀丸柱長谷園     5/2〜5/4
       六月   熊本鶴屋百貨店     6/136/19
       七月   フランス・スペイン 伊賀焼ワークショップ&セミナー
       九月   和歌山近鉄百貨店   9/3〜9/9
       十月   三越福岡百貨店     10/23〜10/29
       十一月 松江一畑百貨店     11/15〜112/11
平成29年
    谷本 洋展 −破調と幽玄の美ー  名古屋三越  11/29〜12/5  ギャラリートーク (11/2 ・ 11/3 各2時より  3日は西川流祝舞もあり) 
    陶芸作家展  セラミックパークMINO  5/3〜5/6
        {特別参加} 新  学     小島陽介   高山 大    谷本 貴   苫米地正樹 
    谷本 景 作陶展 ギャラ〜リーたむら  4/1〜4/9                                     
平成28年
   谷本 景作陶展   ギャラり^たむら  4/ 1〜4/9

  
 新  学展   文錦堂  3/12〜3/20

平成27年  

   谷本 景展   ギャラリー縄  11/6〜11/14

   谷本 景展   高島屋大阪店  9/30〜10/6

   古代から 谷本景 展  LIXILギャラリー 8/27〜10/27

   谷本 景 作陶展 ギャラリーたむら  終了

   谷本 洋 作陶展 「破調と幽玄の美」 日本橋三越  2/25〜3/3

平成26年

   谷本 景展   gallery RERUN  10/18〜10/26

   新  学 陶展  名古屋松坂屋  10/15〜10/21 

     「古代から」 谷本 景展   SOKYOギャラリー(京都)    〜7/19(土)

      谷本 景 作陶展  ギャラリーたむら  4/5(土)〜4/13(日)

   伊賀  谷本 景展   京都高島屋   3/19(水)〜3/25(火)                                                                                                                

平成25年

   新 学

      第6回 現代茶陶展(第25回土岐市織部の日記念事業)

         TOKI織部奨励賞 受賞   伊賀鎬茶碗  

   谷本洋 作陶30周年 作陶展日程 

             高松三越   3/5〜3/11  (終了)             

             福岡三越   5/7〜5/13 ()終了)

             名古屋三越  6/12〜6/18 (終了)  (6/14 ・6/15・6/16・・・14:00〜 ギャラリートーク )                                                                                                                                                  

      仙台三越   7/17〜7/23 (終了)

      松山三越   9/3〜9/9

      奈良近鉄   10/17〜10/23

      高知大丸   11/6〜11/12        

平成24年

   新  学 作陶展   名古屋松坂屋南館   終了   

  YOH TANIMOTO  Exhibition(作陶30周年記念) 終了

   2/ 8〜 2/14   日本橋三越 (終了)

   5/16〜 5/22   熊本鴨屋百貨店(終了)

   6/ 8〜 6/13   和歌山近鉄百貨店(終了)

   7/10〜 7/16   札幌三越百貨店(終了)

   8/29〜 9/ 4   大阪伊勢丹三越(終了)

  10/30〜11/ 5   広島三越百貨店(終了)

  11/10〜11/19   ギャラリー集

  12/ 4〜12/12   松江一畑百貨店

  谷本 景 作品がドイツのフランクフルト JAPAN ART Galerie に展示されています

   www.japah-art.comを開き以下 の順でクリックしていただくと作品がご覧いただけます

   modern  → ceramics → tanimoto kei

平成23年

 12月3日〜12月5日

  オープンアトリエ・・・光生先生の山椒洞を開放して来年の個展にさきがけ洋先生の作品が展示されました

 6月

  洋先生は東日本の震災のチャリティーを精力的に行われました。

 2月13日

  瀬戸市新世紀工芸館で、谷本洋、加藤春鼎2人展終了しました。

  谷本洋先生のトークショウはとても好評でした。

平成22年

 4月4日

  初旬山椒堂で谷本先生の書道展が開催されました

  うぐいすが鳴きはらはらと散る花を眺めながら野点を楽しみ 山椒洞を散策、先生の作品や

  古陶器館を鑑賞し、里山の春を満喫してきました., ご高齢でありながら頑固に気ままな生活を押し通してみえました。

平成17年 

 11月3日〜11日6日                        .

  山椒洞にて開催された「谷本光生卆寿展」は 先生の

  多岐にわたる足跡と その世界観を あますところ無く堪能させていただけるものでした。

  みずみずしい精神と旺盛な創作意欲に  ただただ脱帽。先生の作品で演出された前庭に続く林の散策や

  野点をいただきながら、伊賀の秋も満喫させていただきました。

  先生の収集された古伊賀の解説・伊賀焼き・絵画・書画・俳句・オブジェ・コンピューター

  グラフック そして、ちょっぴり茶目っ気のある演出に 先生のお人柄が窺え、先生と贅沢な

  ひと時を過ごすことが 出来ました

  同行された方々が感激され 再訪を望まれていますので、先生のこれからのご活躍をお

  祈りいたします。

   又、洋先生にもいろいろご配慮いただきました。お父様同様 今後もご活躍されますよ

  う期待いたしております。

  


陶芸財団 正会員

備前焼 & 伊賀焼ギャラリー    
陶芸くらぶ つぼ万
愛知県名古屋市昭和区広見町3−30 (地図を表示)
TEL/FAX 052-851-5158
E-Mailinfo@tuboman.com

どうぞ、お気軽にご連絡ください

つぼ万グループバナー 備前焼 伊賀焼 通販 つぼ万 陶芸くらぶ 谷本光生 金重陶陽 藤原啓 山本陶秀 藤原雄 伊勢崎淳 伊勢崎満 岩本修一 岩本哲也 各見政峯 松井與之 森陶岳 山本雄一 吉本正 三村陶景 西村春湖 大饗仁堂 小西陶古 石井不老 松田華山 伊勢崎陽山 鈴木黄哉 金重素山 藤原楽山 藤田龍峰 中村六郎 浦上善次 藤原建 金重道明 正宗杜康 安倍安人 伊勢崎卓 伊勢崎紳 金重晃介 金重巖 金重剛 金重潤平 末田恵 高力芳照 中村真 原田拾六 藤原和 森一洋 森千晃 森本良信 山本竜一 和仁栄幸 陶芸教室 備前 伊賀 ギャラリー 有名作家 無形文化財 人間国宝 愛知 名古屋 昭和区 広見町 

このホームページに記載・掲載されている文章・写真等について、無断で転載することを禁じます。
なお、当サイトはリンクフリーです。交流を図る意味でも上記アドレスまでメールをいただけると幸いです
を使用していただければ幸いです)                                


Copyright © 1997-2013 陶芸くらぶ つぼ万グループ

サイトマップ